メニュー

デカメロン

笹田晋平/宍倉志信
「ビューティフル・イミテーション
/だれもあなたのことを忘れてくれない」

2022.8.2(Tue)~8.14(Sun)

宣伝美術:奥田奈保子(NiNGHUA)
構想:吉田山
主催:FL田SH
共催:黒瀧紀代士(デカメロン)/FLOATING ALPS LLC

共同個展「ビューティフル・イミテーション/だれもあなたのことを忘れてくれない」に向けて:
この度共同個展と題しまして、笹田晋平と宍倉志信の2名アーティストそれぞれの個展をデカメロンギャラリー内で同時に開催します。 それぞれの個展は大枠でのコンセプトやテーマを設定することなく、別の展覧会として話し合いを進め、グループ展とは別の仕方を構想し、制作されました。
また、デザイナーの奥田奈保子が、それぞれの個展に呼応するタイトルロゴと、その2つが組み合わさりデザインされたメインビジュアルを担当します。
企画・構想 吉田山


笹田晋平個展「ビューティフル・イミテーション」:
笹田晋平は神戸大学卒業後に画家活動をスタートするという経歴を持ちます。
今展では笹田が2020年以降から始めた点描画シリーズの歌舞伎町を舞台にした新作を発表いたします。
笹田曰く、「点描とはとにかく時間がかかる描き方」であり、むしろそれが新型感染症対策のための緊急事態宣言での自宅待機での時間の長さを埋めるように点をうち続ける事で始まったシリーズです。
過去作には、霜降り肉をキャンバス全体に描くことによりアメリカ抽象表現主義絵画に対する批評を込めた作品や、仏画・釈迦涅槃図を参照し、釈迦(シャカ)を鮭(シャケ)に置き換え描いた作品等があり、スタイルは様々ですが描く題材への批評的な態度は一貫しており、今展では歌舞伎町をどのように描くのでしょうか。


宍倉志信個展「だれもあなたのことを忘れてくれない」:
宍倉志信は東京藝術大学院卒業後、映像を用いた作品によって作家活動をスタートするという経歴を持ち、過去作には、ゲームセンターの筐体を模しつつ、「転生」を促すセミナー形式のゲーム作品や、視力検査の筐体を用いて鑑賞者自体を作品の演者として巻き込む体験型作品等があります。
本展に出品するパチスロ型の作品は、作家自身が構想した架空の団体「健康機構」からリリースされた健康診断機器作品です。
参加者は100円硬貨をパチスロ型の健康診断機器に支払いプレイすることで、鑑賞者自身が持つ思想について診断を受けることになります。そして参加者それぞれの思想の個性に合わせた診断書が発行されます。
「だれもあなたのことを忘れてくれない」というタイトルは、その思想の個性の一つを象徴するフレーズです。はたして、皆様にはどのような診断が下されるでしょうか?

作家プロフィール

笹田晋平(Sasada Shinpei)
1984年大阪府生まれ、2007年神戸大学発達科学部卒業。

主な個展
「GOLD on backstreet」(Gallery33 SOUTH、東京、2021)
「dance in the palace」(CRISPY Egg Gallery、神奈川、2018)
「I will neglect nothing」(Ohshima fine art、東京、2018)

主なグループ展
主宰及びアーティストとして出品「アイドライゼーション・ポイント」(横浜市民ギャラリーあざみ野、神奈川、2022)
甲斐莉乃と共催の「Fire of Argus」(CRISPY Egg Gallery、神奈川、2020)
第23回岡本太郎現代芸術賞入選展(川崎市岡本太郎美術館、神奈川、2020)
第21回岡本太郎現代芸術賞入選展(川崎市岡本太郎美術館、神奈川、2018)

宍倉志信(Shishikura Shinobu)
1996年生まれ東京育ち。東京藝術大学映像研究科メディア映像専攻修了。
CRS、健康機構、P.S. Community等でナビゲーターを歴任。既存の形式に縛られることなく、祭壇やコンピューターゲーム、レクチャー的映像、健康機器などの制作を通じて儀式的体験の現在形を探ってきた。

主な個展
「Cyber Reincarnation Seminar」(Art space kimura ASK、東京、2021)
グループ展に「Wher is my body ?」(LEESAYA gallery、東京、2021)
「惑星ザムザ」(小高製本工業株式会社跡地、東京、2022)など。

奥田奈保子(Okuda Nahoko)
グラフィックデザイナー。
デザイン事務所LABORATORIESを経たのち、2022年2月より独立。
屋号をNiNGHUA(ニンファ)として活動を開始。ninghuaとは、「凝華」という言葉の語源の発語で、気体→固体と相転移する現象のことを言う。
携わるデザインの仕事もまた、曖昧模糊としたモノを可視化し、気に留められ、記憶されるための作業であることへの自覚からそのように名づける。
当てられた漢字の「華」の文字が示すように、携わった事柄が何かよい方へ向かう1つのきっかけとなれるよう、日々誠意探求中。
ninghua.jp

ACCESS


デカメロン

TEL
03-6265-9013
OPEN - CLOSE
火~金:16:00~26:00
土:16:00~26:00
日:16:00~20:00
月曜休
※飲食店に対する営業時間短縮要請に準じて変動あり。
ご来店の前にお電話にてご確認くださいませ。
ADDRESS
〒160-0021
東京都新宿区歌舞伎町1丁目12-4 2F
鑑賞料
500円
LINK
一刻